gorufu1.jpg

目次
1・100を切るゴルフの楽しさ

2・無料冊子の活用

3・100を切るゴルフ!2つのチェックポイント

4・最近のゴルフ事情

5・TOPページ



ゴルフスイングの常識?

ゴルフスイングのよく言われる常識ってたくさんありますが、さてほんとうにそうなのか?

それとも言っているプロゴルファーや上級者の意味が違うのか、それを忠実に守って上達の妨げになっ
ていることも多くあると思います。


・ 体重移動で飛距離アップ

テークバックで右足に体重を乗せて、フィニッシュで左足に全体重をのせると言われていますが、右足
に体重をのせるということはスエーして打てということになり、ひねりも浅くミスショットのでやすい
スイング起動になると思います。最後に左足に体重が乗るといのは大きなフォローで自然に体重が移動
していくことでしたら理解できます。


・ ボールを良く見て打て

ボールを見ないでヘッドをボールに当てるのは相当困難なことですが、セットアップしてテークバック
中にずーっとボール見ていると、私はなぜかうまくトップにクラブが上がらないので、見ているフリし
ながら実はクラブとか腕、体に集中しています。トップになってからはじめてしっかり見ながらクラブ
を振りぬきます。ボールを良く見て打てっていうのは、半分常識なようで、常識でないような気がしま
す。


・ 非力な人は、フックグリップで打て

これも相当あやしい常識だと思います。まずフックグリップで握ると必ず、右肩がさがったアドレスに
なります。必然的にハンドファーストのアドレスからの弾道は低くなります。このアドレスでバンカー
の高いあごからの脱出はまず不可能でしょう。ベンホーガンのモダンゴルフの本で解釈すると剣道の竹
刀を構えたようにしてそのまま竹刀の先をボールにセットするアドレスのほうがはるかに飛距離アップ
と方向性を良くすると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101538031

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。